大腸がんはホスピタルへ~些細なサインをしっかり見つけよう~

看護師

癌性腹膜炎とは何か

癌性腹膜炎の概要

医者

癌性腹膜炎とは、胃や卵巣など他の臓器の癌細胞が腹膜に移転して起こる癌の事です。癌性腹膜炎は癌が転移して発症するため、癌性腹膜炎を発症した段階で既に末期の癌、あるいはそれに近い状態まで病状が進行している場合が多く、かつ癌細胞が全身に転移している状況が殆どです。再発した胃がんで四割程度の発症率と言われ、腹膜に転移した時点で加速度的に進行しています。そのため予後は非常に悪いです。 癌性腹膜炎は腹膜に腹水が溜まる事で、悪心や嘔吐、発熱、呼吸困難などの症状がみられます。病状が進行すると悪液質になり、全身が衰弱していきます。また腹水には血液中のタンパク質が流出しており、かなりの確率で栄養失調を引き起こします。

難しい治療

癌性腹膜炎は、その性質から手術を行わず、対処療法を取る事が多いです。癌性腹膜炎の原因となった癌も、末期に近い状態まで進行していると考えられますので、治療できる可能性は低いと思われます。抗がん剤による治療など幾つかの選択肢はありますが、その多くは期待できませんし、その一方で副作用の苦痛を取り除く事はできません。 癌性腹膜炎は根本的な治療と言うよりも、残された少ない期間を苦しまず穏やかに過ごす事を念頭に入れた方が良いでしょう。腹水を減少させ、高カロリー輸液による栄養管理などを行って患者さんの苦痛を減らし、緩やかな延命処置が一般的な治療方法です。 癌性腹膜炎の根源的な原因である、原発癌の早期発見と治療が運命の分かれ道です。